スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
2/28-3/1
2007年03月01日大引け
日経平均・・・・・・・17,453.51 -150.61(-0.86%)
日経平均先物・・・ 17,390   -150 (-0.86%)
TOPIX・・・・・・・・・ 1,740.11 -12.63(-0.72%)
JASDAQ平均・・・2,179.30 +0.69(+0.03%)

昼の立会外取引きで「やや買いキメ優勢」との観測から不安心理がやや後退したが、前場段階で昨日の安値を更新していたことや、「ソフトバンク」問題で目先警戒感が高まり、売り優勢での展開となった。先物にも売り仕掛け的な大口注文が断続的に出され下げ幅を拡大し、一時17,261.60円まで下落する場面を見せた。その後は「新日鐵」の業績見通しを好感し、押し目買いや買い戻しに次第に下げ幅縮めた。ただ戻りが鈍く、今晩の米国株を警戒し慎重な動きとなっている。



2007年02月28日7年ぶりショック安!一時、下げ幅700円超!

日経平均・・・・・17,604.12 -515.80(-2.85%)
日経平均先物・・・17,540.00 -570.00(-3.15%)
TOPIX・・・・・・・1,752.74 -58.59 (-3.23%)
JASDAQ平均・・・・ 2,178.61 -42.71 (-1.92%)
JASDAQ指数・・・・・・89.11 -2.46 (-2.69%)
マザーズ指数・・・ 1,113.95 -32.40 (-2.83%)
ヘラクレス指数・・ 1,818.83 -59.43 (-3.16%)
--------------------------------------------------------------------
東証1部出来高:36億8,639万株
東証1部売買代金:4兆8,282億円

東証1部値上がり銘柄・・・・33
    値下がり銘柄・・ 1,676
    変わらず・・・・・・ 9
--------------------------------------------------------------------
東証1部騰落レシオ25日:98.8%
--------------------------------------------------------------------
◇サイコロ
日経平均 (7勝5敗)  ○○○●○●●○○○●●
TOPIX(9勝3敗)  ○○○●○○○○○○●●
JASDASQ平均(7勝5敗)  ●○●●○●●○○○●●
──────────────────────────────────

◆市況
日経平均は515.80円安の17,604.12円と大幅続落となった。
中国上海株の急落をキッカケとした世界同時株安の流れを受け、朝方から売り注文が殺到、一気の急落となり下げ幅は一時700円を超え、17,400円割れの場面を見せていた。売り一巡後は欧州系からの大量バスケット買い観測から押し目待ちの買いが主力銘柄中心に入り下げ渋る展開となった。しかし、世界同時株安のキッカケとなった中国上海市場の動向が気懸かりとなり積極的な売買は見送られ揉み合い商状が続いた。後場に入り中国上海市場が落ち着いた動きを見せた事や、立会外取引きがフラットで相場の撹乱要因にならなかったことなどで不安心理がやや後退し17,500円台へ戻した。その後は今晩の米国市場動向を見極めたいと様子見ムードが強まる展開となり、大引けでは月末のドレッシング買いと思われるバスケット買いが約100銘柄1,000~40万株入った影響で17,604.12円と17,600円台を回復して取引きを終了している。


◆日経平均チャート分析
チャート的には、本日の「足」は長い下ヒゲを引く「大陰線」となった。大きなマドを空けて上値・下値を切り下げて崩落。一気に下落したことで上昇波動にピリオドを打つ形となった。2月26日の高値で天井を形成した格好である。これまで積み上げてきたものを一気に崩す形となり、暫らく調整しそうな状況である。今回の「足」は長い下ヒゲを引いており、下値抵抗力が強いと感じさせている。大きなマドを空けたことにより上昇波動そのものは崩れてしまったものの、時価より下値については買い場との印象を与えている。1月に揉み合いとなった17,200円から17,600円のレンジがサポートラインの機能を果たしており、時価近辺で下げ止まる可能性が高い。ただ、上値のシコリを作って崩れたため修復するのは容易ではない。長い下ヒゲが示すように値幅調整は十分であるとしても、立ち直りには日柄調整が必要となる。自律反発に向かうことも考えられるが、リバウンド狙いで買う場合には小すくいで対処するのが賢明である。当面の下値メドは本日の安値、上値メドとしては今回空けたマドの下限が当面意識される。終値が25日移動平均線を上回れば安心感が広がる。


◆相場雑感 “目先は「小すくい」を意識して”
以前、この相場が崩れるとしたら大きくマドを空け「アイランドリバーサル」の形となること、また、余程のアクシデントがない限り・・・としましたが、まさにそのアクシデントが起こった形となってしまいました。

7年ぶり世界同時株安の流れを受けショック安となった訳ですが、市場は比較的落ち着いており、押し目待ちの買いにより「陽線」となる銘柄が多く見られました。明日以降、リバウンド狙いと割り切るならここからはチャンスが多いでしょう。ただ、中国・米国株動向は見極める必要があり、当面は「2発目」を警戒しながらの短期リバウンド狙いが賢明です。かなりのインパクトとなった本日の下落ですが、本当に怖いのはこの「2発目」です。本日の売買代金が過去最高を記録しましたが、SQを控え先物市場で仕掛け的な動きも予想され、その買いのエネルギーが負の反応を示すこともある訳です。

個別物色も相場景観の急変で様相を変えてくる可能性が高いです。とにかく「小すくい」を意識し変化に対して俊敏に対応したいところ。私は明日も強気買いスタンスで臨む局面と観ておりますが、ターゲットに関しては大きな変更も意識しながら対処したいと考えております。こういった場面ではディーリング銘柄・リード銘柄・買いセクターは主役交替となる可能性が非常に高いです。明日はどの程度かは今晩の米国動向で判断したいですが全体は戻り局面となるでしょう。その戻りで大きくポジションを組み直すことも選択の一つとして臨みたい。明日の対処が目先的な成果に直結するのは間違いありません。強気でありながら冷静に判断したい。

スポンサーサイト
【2007/03/01 16:24 】 | 未分類 |
<<3/5 | ホーム | 2/27>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jasdaqlove.blog70.fc2.com/tb.php/37-aad63b3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。