スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
1/25
昨年来高値更新も反落
日経平均・・・・・ 17,458.30 -49.10 (-0.28%)
日経平均先物・・・ 17,480.00 -50.00 (-0.29%)
TOPIX・・・・・・・ 1,729.40 -9.21 (-0.53%)
JASDAQ平均 ・・・・ 2,213.00 +0.75 (+0.03%)
JASDAQ指数 ・・・・・・92.40 -0.41 (-0.44%)
マザーズ指数 ・・・ 1,205.16 -18.42 (-1.51%)
ヘラクレス指数 ・・ 1,922.27 -28.57 (-1.46%)

--------------------------------------------------------------------
東証1部出来高:23億1,093万株
東証1部売買代金:3兆459億円

東証1部値上がり銘柄・・・・330
    値下がり銘柄・・・1,310
    変わらず・・・・・・ 73
--------------------------------------------------------------------
東証1部騰落レシオ25日・・・・・109.4 %
--------------------------------------------------------------------
◇サイコロ
日経平均 (6勝6敗)  ●●○○●○○●○●○●
TOPIX(7勝5敗)  ●●○○●○○●○○○●
JASDASQ平均(10勝2敗) ●●○○○○○○○○○○
--------------------------------------------------------------------

◆1/25市況
日経平均は49.10円安の17,458.30円と反落。
米国市場でNYダウが史上最高値を更新したことや、外人動向の大幅買い越しを好感し幅広い銘柄が買い先行となり、昨年来高値をあっさり突破し、2,000年7月以来の17,600円を回復しての寄り付きとなった。買い一巡後は目標達成感などから利益確定の流れが強まり、先物での「大口売り需要」観測も買い手控えに繋がり、上げ幅を縮める展開となった。ただ、先高期待感も強く押し目買いに17,500円レベルで膠着感を強めていたが、後場に入り昨日の終値を割り込んだあたりで先物に大口売りが断続的に出され、利益確定の動きが活発化しマイナス圏へ突入し下げ加速となった。大引けに掛けてはポジション整理の売りに若干下げ幅を広げた。しかし、5日移動平均線レベルでは下げ渋りを見せており、下値の堅さが意識され17,458.30円で取引きを終了している。


◆日経平均チャート分析
チャート的には、本日の「足」は、「包み線」であり上値の重い印象を与えている。中期上昇相場が息切れし、売り・買いの勢力が逆転したと考えられがちだが、今回のようなケースでは「化け線」(だまし)となることも多く注意を要する。高値圏で飛びついた短期筋の投げによってこのような「足」が形成される訳だが、前日に空けたマドの下限や5日移動平均線が下値支持線として機能しているので、上昇トレンドが変わったとは判断できない。仮に下振れしたとしても25日移動平均線が強力な支持線となる。



◆涼明の戦略
寄り付き段階で昨年高値を更新したことで、目標達成感が強まり利益確定売りが優勢のなか、昨日気になっていた先物の「意図的な売り」が仕掛けて来た模様です。じっくりとザラ場で昨年来高値更新に向かえば結果は違ったかもしれませんが・・これは致し方ないですね。為替動向も気懸かり。明日の12月CPI発表や決算を見極めたいとのムードが強く、買い手控えとなっています。チャート上では5日移動平均線レベルで下げ渋り、上昇トレンドに大きな崩れはないものの、先行き雲行きが怪しくなって来た感じです。短期筋は指数に左右されづらい低位仕手系株へと矛先を向けました。相場の転換期に度々起こる現象です。

目先は指数の急反発を期待するのではなく、ここからは本日のように動きの強い銘柄に資金が集中する傾向を強めますから、形を大きく崩し、戻りの鈍い個別銘柄は思い切って外して、次のターゲットを狙う方が次の変化にも対応し易く功を奏すと考えています。相場に変化が生じようという時には思い切った選択も必要となります。まさにその時が到来したように感じています。今週注目とした銘柄も見直す必要があるでしょう。様子見をする必要はありません。基本は「強気買い」です。問題は何を狙うかです。これについてはメンバールームで解説いたします。

明日の戦略の肝は「見切り」です。しっかりと来週からの展開に備えましょう。明日は週末要因で短期資金の逃げ足は早いです。前場段階の対応が重要となりそうです。


スポンサーサイト
【2007/01/26 13:59 】 | 未分類 |
<<1/29 | ホーム | 1/22>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jasdaqlove.blog70.fc2.com/tb.php/24-2fa972b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。